SEO対策

サイトの表示速度を上げる時に一番最初に試したい方法【SEO対策】

サーチコンソールで何度も言われている表示速度の改善

グーグルのサーチコンソールでは自分のサイトの表示速度をモバイルとPCに分けて計測できます

この表示速度が遅ければ自分のサイトからの離脱率が多くなりサイトの評価も下がるという事でSEO的に良くありません

特に初心者の方は難しい設定をしなくても簡単に速度を上げる方法は無いかと考えるでしょう

 

そこでまず改善したい方に試してもらいたいのが

Autoptimize 

 Async JavaScript

という2つのプラグインです

本記事はサイトの表示速度を上げる時に1番最初に試してみたい方法でありこの2つのプラグインを試したところ簡単に表示速度が上昇したので速度が気になってる方は是非試してみるのをオススメします

 

まずは導入前の私のサイトの表示速度から

 

遅いですが初心者だと同じような方も多いのではないでしょうか?

ここで上記で紹介したプラグインを使用してみます

 

Autoptimize

まずこちらのプラグインになります

Autoptimize – WordPress plugin | WordPress.org
Autoptimize – WordPress plugin | WordPress.org

Autoptimize speeds up your website by optimizing JS, CSS, images (incl. lazy-load), HTML and Google ...

続きを見る

 

プラグインをダウンロードし有効化したら設定しておきましょう

 

 

上記のJavaScriptコードの最適化JSファイルを連結するにチェック

 

 

CSSオプションは上記の3つ

HTMLオプションはコードの最適化のみでいいでしょう

他はデフォルトのままで使えるはずです

 

Async JavaScript

次はこちらのプラグイン

Async JavaScript – WordPress plugin | WordPress.org
Async JavaScript – WordPress plugin | WordPress.org

Async Javascript lets you add 'async' or 'defer' attribute to scripts to exclude to help increase th ...

続きを見る

 

プラグインをインストールしたら有効化し

 

 

設定からSettingsの一番上にチェックを入れQuick Settingsでは一番左で十分と思いますが何かの問題が起これば他のDefer等に変更するといいです

(私はAsyncで何も問題ありません)

このプラグインの設定はこれだけです

 

設定したらサーチコンソールで確認してみましょう

 

この2つのプラグインだけで速度は上昇しました

まだまだ遅いですがこれ以上の設定は難易度が上がるので取り合えずこの設定だけは可能でした

 

注意ポイント

・使用してるプラグインが多い方は逆に重くなる可能性もあります

その時は削除した方がいいでしょう

 

初心者の方はCSS等のプログラムをいじったりの上級者みたいな設定は怖くて触るのが困難かと思います

取り合えず何とかしたい方にオススメなサイトの表示速度を上げる方法を紹介しました

是非試してみて下さい

 

-SEO対策
-,